導入によるメリットと特徴

面接

オンライン化でメリット

企業の採用面接といえば、受験者が採用する企業に出向いて行うことが従来の慣習となっています。そして、受験者と企業側と双方の都合を合わせ、移動時間や交通費などの費用を負担して、行われるものです。この採用にかかる費用や時間の負担を減らすことができれば、受験者側と企業側の双方にとって良いことです。そのために、最近多くの企業が、ウェブカメラを使って、遠隔地でも面接ができる、システム化によるオンライン面接を導入しているのです。システム化は、企業にとってたくさんのメリットがあります。そして、システム化による情報漏洩さえ万全な対策をすれば、最強のツールになります。システム化によるオンライン面接は、時間と費用を軽減することができます。そのため、軽減された時間や費用で、より多くの人材と面接することができるので、より優れた人材の採用が可能になります。また、面接の様子を録画することが可能になりますので、重要なポイントややり取りを後から見直すことができます。また、面接官のスキルの向上にもつながります。そして、遠隔地での面接が可能になりますので、通勤可能範囲外の地域からも、幅広く優秀な人材を採用することができます。さらに、拠点が複数に存在する企業でも、本社に集中して面接ができるので、導入メリットがあるのです。このように、システム化によるオンライン面接の導入は企業にとって採用活動の効率化及び、優秀な人材確保のための最強のツールになる可能性があるのです。

Copyright© 2017 プロジェクト管理ソフトを導入しよう|社員の業績が一目瞭然 All Rights Reserved.