バックオフィス業務効率化

女の人

システムによる効率化

会社は、その業績が上昇していくに伴い、社員が増え、組織が複雑化していきます。その結果、事務作業などのバックオフィス業務が増加します。バックオフィスとは、いわゆる間接部門のことを指し、総務、人事、経理部、法務などの各部がその業務を行います。給与計算のためには、毎日の勤怠管理が必要です。また、出張の精算や物品の購入など、細々とした業務があります。それぞれのデータの情報管理や入力作業、更新作業など煩雑な業務が山積しています。これらのバックオフィス業務は直接的に利益を生み出すことはありませんので、できればバックオフィス業務を効率化したいと考えます。IT機器の性能が急速に向上していますので、給与計算システムなどが活用されています。また、売掛金などのデータを管理する債権管理システムも重要です。納入した商品の代金が入金された場合、入金予定データを入金済みデータに変更する、いわゆる消し込みの作業が重要です。このため、債権管理システムを選択するにあたっては、売掛金の現在高を把握でき、予定した額と実際の入金額に誤りがないかもチェックできる機能を持っているかが重要なチェックポイントです。さらに、売掛金が入金された場合における入金消し込みと、こちらが発注した商品の代金を支払った際に行う支払い消し込みの双方を行うことができるかも大きなポイントです。消し込みは重要な作業であると同時に、その量は膨大ですので、その照合作業が確実かつ迅速に行う性能の有無がシステム導入に当たっての検討ポイントになります。

Copyright© 2017 プロジェクト管理ソフトを導入しよう|社員の業績が一目瞭然 All Rights Reserved.